太冠酒造

創業140余年。明治10年、山梨県甲府市若松町にて初代の大澤利右エ門氏が「割菱正宗」として創業した"太冠酒造"。

2007年に現社長、大澤慶暢氏がより良い水を求め、南アルプス市に移転しました。

山梨県南アルプス市は国の特別名勝地としても指定されており、甲斐の国は、古より「清水のふるさと」として知られています。四方を山に囲まれた盆地で、清水と豊かな自然の街である南アルプスは「お酒のふるさと」としても一目おかれているのです。

「太冠」という名前の由来は、出世した武官が前途を祝うときにかむられたという「太冠」から命名されています。祝い事に合う様にとそのように名づけられました。

平成6年秋に弱冠32歳で太冠酒造の杜氏となった菊池良充氏(諏訪杜氏)を中心に金賞受賞酒「太冠大吟醸」をはじめとした日本酒を醸しだしています。
柔軟な感性と、磨かれた技、そしてチームワーク。人の和で国造りを目指した、武将・武田信玄の教えがここに生きています。

代表の大澤慶暢氏は「酒造りはロマン」と語ります。
南アルプス、八ヶ岳といった山に四方を囲まれた、名水のふるさととも言える南アルプス市で醸す本当の旨い酒を是非ご堪能ください。
 
太冠酒造株式会社
〒400-0312 山梨県南アルプス市上宮地57

6 products

6 products